1つしかトレーニングしてはいけないと言われたらこの種目。

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

最近子供と寝てしまうことが多いのである意味早寝早起きになっています^ ^

「世の中には色々なトレーニングがあるけど、どれか1つだけしかやっちゃダメ!と言われたらどのトレーニングにしますか?」
と言われたことはありませんが…
あるとしたらこれ!というのがあります。
「腰割り」です。

腰から下全体を使うことができます。
特に内腿、お尻、下腹部など姿勢を保つ上で大事な部分を強化できます。
アスリートにとっては身体のバランスが良くなるので習慣的に行いたいものですね。イチロー選手が行っていることで一躍有名になりました。

冷えや浮腫み、ヒップアップや自律神経のバランスを整えると効果もありますので女性にも嬉しい効果がたくさんあります。

両手を膝に置いて腰を落とします。image時間や回数は個人差がかなり出るので自分の出来る範囲で行いましょう。
沈む深さよりもしっかりと膝を開くことが重要です。

肩を入れると肩甲骨の運動としても効果的です。
imageキツイ方は椅子などに座って行うと良いですね。

image

肩は自分が気持ちいいと思うところまで、時間は数秒間じっくり伸ばすと良いと思います。
何回か繰り返し行いましょう。
壁に背中をつけてやるやり方もあります。image
image
壁から足を離して壁に寄り掛かるように行います。

 

沈む深さは自分が辛くない程度のところまでで大丈夫です。image  image

10回1セットで2~3回やるくらいで十分ですね。
やってみたら案外キツイ運動です。
昨今色々な方法が世の中に出回っていますが、シンプルイズベスト。
何をやったらいいかわからない!という方は腰割りから始めてみてください^^

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座