継続できる人は1%

IMG_8601

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

IMG_8601

「継続は力なり」

この言葉の通り、成果を出すためには継続が必要です。

しかし継続するにも力が必要ですね。

「行動しよう」

と考えて実際に行動を起こせる人はどれくらいの割合でいるでしょうか?

 

パレートの法則の2:8の通り、

行動を起こせる人は20%と言われています。

残りの80%は頭で思っていますが、行動には移せないそうです。

この時点で、行動に移せた人は優れた人と言えます。

そして問題は、そこから継続していける人の割合です。

 

わずか1%です。

 

頭で「行動をしよう!」と思って実際に行動できる人が20%

そこから継続できる人はわずか1%。 

 

「継続は力なり」と言われる所以ですね。

いかに続けることが困難なことかがわかります。

行動できた時点で自信を持って良いと思います。

そしてせっかく20%に入れたのだから、継続の1%を目指していきましょう。

IMG_8601

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

D7FCE3F3-5D6D-413C-B194-3D306C29B164

他人と比べて落ち込んでしまう人

Processed with MOLDIV

トレーニング備忘録。

926E6502-1478-4B1D-A2FA-66FFD45E312E

腰を回すには内腿の筋肉?

27BF7AC3-5F81-4CCB-B127-C80E7CF7E9E2

青山学院箱根駅伝4連覇達成!