上達の為にするべきこと

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

動作はできるようになることより

自分の動きにすること

人の動作を真似をして出来ればOK

というものではなく、

自らの動きに落とし込むこと。

真似ができるようになっていることは、頭で理解しているだけです。

身体はなにもわかっていない。

それにはひたすら鍛錬。

鬼滅の刃一巻より

自分の動きに落とし込むこと。

鬼滅の刃は大切なことを教えてくれています。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

プランクで体幹は 鍛えられているのか?

体幹を固定したら体は安定するのか?

身体操作の基本とは?

学び方や成長の仕方は人それぞれで良いと思う。