ヒップアップとして行っているそのトレーニングは正しいですか?

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

お尻を鍛えることが近年流行っている(?)ようですね。
その中でよく見る運動ですが、こちらの

ヒップスラスト
ヒップエクステンション
ヒップリフト

Processed with MOLDIV

ですね。(トレーニングの呼び名は多少違いがあるとは思いますが)

こちらの種目は股関節のトレーニング種目としては非常に有効ではあります。

しかし、これを「ヒップアップのトレーニング」としてならば疑問符がつきます

筋肉を大きくする条件は筋肉を伸張(伸ばす)させること。

臀部の筋肉を鍛え、筋肉をつけてお尻の形を変えることがヒップアップだと解釈した場合、まずは筋肉の大きくなる定義を理解する必要があります。



ヒップリフト、ヒップスラスト、ヒップエクステンションはいずれも縮めて効かせる運動ですね。
たしかに目一杯お尻に力を入れれば効いた感じもするし、筋肉痛にもなる。
でも、もし縮めて筋肉が付くのであれば鍛えたい場所をずっと力を入れて縮めていればいいことになってしまいます。


例えばお尻を締めていたらお尻の筋肉がドンドン大きくなるとか…
現実的にあり得ないことですよね。

ヒップスラストに関してはハムストリングスの反応の方が大きくという研究結果も出ているそうです。(股関節0度からの伸展動作はハムストリングスの働きが中心)

股関節の種目としては優秀であることに間違いありませんが、ヒップアップの運動として行うには方向性としては違うと言えることがわかります。

このように筋肉の構造を理解していればトレーニングの方向性を間違わずに効果を出し続けることが出来ます。

行なっているトレーニングが正しいのか?
その裏付けは間違っていないか?
目的に合ったものか?

ということを真剣に考える必要があると思います。

私が今学んでいるスクール↓
ご関心ある方ご紹介します トップトレーナー、セラピスト養成スクール 5Sアカデミー
https://5s-academy.com/any01/

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

【 ワークショップ「体幹」の動きを覚える〜背骨編〜

チューブを使ったトレーニングは有効?

ストレッチにも種類があります。

トレーニングの目的は何ですか?