1番運動が必要な人が運動指導できる人がいない世の中の矛盾

img_3938

「高齢化社会」
という言葉は耳慣れた言葉になってしまいましたね。

同時に「介護予防運動」という言葉も耳にします。

実はこの「介護予防運動」にも大きな矛盾が存在します。

ここから小林寛道先生の健康寿命を伸ばす認知動作型QOMトレーニングより抜粋です。img_3938

各自治体主催の健康運動教室や民間のトレーニングジムで運動しようとすると、事前にメディカルチェックが行われる場合が多い。
メディカルチェックは、医学的検査を意味し、運動を行うことに対する危険性を事前に回避するために行われる。

メディカルチェックの基準に合わせて年齢にともなうメディカルチェックの不合格者の割合を算出すると、

75歳以上の高齢者では50%以上の人が不合格となることが推定される。
中略
しかし、よく考えてみれば、高齢化社会において要支援や要介護の状態を予防したり、介護度の進行を防ごうとするならば、メディカルチェックで不合格とされるような人たちを対象に体力の向上や健康の保持、向上を図ることが極めて必要なことだということがわかる。
こうした分野での研究の取り組みや、実際的な取り組みは驚くほどなされていない。

現在、メディカルチェックで不合格とされるのは、その教室やスポーツクラブ、またはトレーニングジムで行われる運動の内容に適していないというためである。

運動するためには健康でなくてはできないというのが現状です。
“健康になるため”ではなく、”健康でないと”運動ができないのです。

これが今の世の中の矛盾であると思います。

そもそも一般的な運動というのは「まずは筋肉が衰えると寝たきりになるから筋肉を鍛えるために筋トレ」です。
介護予防のために筋肉を鍛えるという目的。

しかしこの筋トレをするときに怒責(どせき)、いわゆる息をこらえる、力む運動というのは血管にリスクがある人にとっては禁忌です。

高血圧症や心疾患、脳血管障害のある人は厳しいです。

健常者には問題の無いことでしょうが、血管に負担がかかります。

○○トレーニングだとか○○体操だとかインナーマッスルということは一先ず置いておいて…

問題は”怒責があるかどうか、です。

人の身体を、動きを良くするために必ずしも負荷をかける必要はないのです。

力むことをしていると力むことが癖になる、という簡単な話です。

力を抜いて動くという一見難しいことかもしれませんが、それを可能にするためには力を抜くトレーニングをする、ということです。

体芯力®︎は肩の力を抜いて背骨、肩甲骨、骨盤を柔らかく使うことを練習し、獲得することがトレーニングの目的です。

数値をあげることとは異なるので雲をつかむような感覚かもしれませんが、スムーズに自分の思った通りの動きを可能にするために1番重要なことです。

img_3938

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座