頑張る人が痩せない理由②

img_9960

鈴木亮司です。
頑張る人が痩せないシリーズ第2弾です。

前回の記事にも書きましたが頑張ることが悪いわけではありませんが、

「過ぎたるは及ばざるが如し」

の言葉通りやり過ぎはよくありません。
今回は少し異なる角度から書いてみます。

頑張る

→緊張を引き起こし交感神経優位
→副交感神経に入らないので内臓の動きが抑制される

→小腸の動きが抑制され便秘に
→セロトニン分泌量が低下(幸せホルモンセロトニンの分泌は90%が小腸という説)

→セロトニン不足になると甘い物が欲しくなる
→甘い物を食べる
→血糖値急上昇(脂肪が合成)

→インスリン分泌され血糖値の急降下

→眠くなる。
→また甘い物が欲しくなる

→甘い物がやめられない

→罪悪感
→交感神経優位
→血糖値の上昇(脂肪の合成)

….という負の連鎖が止まらなくなります。

体芯力で体を緩めると副交感神経になって小腸の働きが良くなるのでセロトニンがたくさん分泌されます。

それだけで甘いものが欲しくなくなることがよくあります。

僕も昔甘い物がやめられない時がありました。

筋トレやり過ぎで身体がガチガチでした。
毎日甘い物を食べていたせいもあって、いつも疲れて眠かったです。

体芯力をやるようになってからは甘い物が急に欲しくなくなりました。

当時はセロトニンのせいだとは知りませんでした。
理屈から考えても頑張りすぎは理にかなっていないと言えますね。
img_9960
甘いものがやめられないという方は1つ考え方を変えてみるのもよいと思います。

 

img_9960

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

img_3840

背骨の動きが一流の動きを作る!③

IMG_7552

背骨の動きが一流の動きを作る!②

Processed with MOLDIV

女性セブンさんから取材受けてきました。

img_3840

背骨の動きが一流の動きを作る!①