速く走れるようになる方法は?

img_4514

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

 

「どうしたら速く走ることができるようになるんですか?」

一度は考えたことがあると思います。

僕は子供の頃から走るのはそんなに速くなかったので

「速くなりたい!」

走る=苦しい

というイメージが野球部の練習で擦り込まれていました。

小中学生の頃は野球部でたくさん走っていましたが、その量に見合った分だけ走るのが速くならなかったので量をこなすだけでは限界があることはわかったわけです。

陸上部の時に速く走るためにやったことは

「ランニングフォームを変える」

でした。
これは有効だったと思います。
あまり走る練習をしていないのに走るのが速くなりました。
すると他の選手から

「なんでお前はあんまり走ってないのに走るのが速くなってるんだ?」

と言われたことが何回かありました。

今も思うことですが
「なぜ走る人はランニングフォームをあまり研究しないのだろう?」

ということです。

ゴルフはスイングのフォームを研究する人がたくさんいますけどランニングはフォームを研究しようとする人があまり多くないと思います。

速く走る人はキレイなフォームで走るし、速く走れない人は走り方が悪い。

ランニングの練習方法を意識する人は多いですがランニングフォーム作りに時間を割く人は少ないと思います。
速く走れる人は共通点があります。

その共通点はランニングフォームの中にあります。img_4514img_1195

もちろん身体的な条件もあります。

ただ才能とかそういった目に見えないことではなく

「どのタイミングで体重移動するのか?」

「足首や膝の角度は?」

「足の着く位置は?」

など目に見える要素です。
僕はこういった共通点を見つけ、改善していく方法をお伝えしています。

速く走れるフォームとそのフォームを導き出すためのトレーニング。

それが速く走る方法の一つであると考えています。

img_4514

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_8463

ヨガの本質は全てを受ける入れること。

IMG_8447

やる気の出ない時に行う「体芯力®︎」体操

IMG_8310

ストレッチのコツは意識をしないこと?

IMG_8293

ヒップアップ&美脚トレーニング?