認知動作型トレーニング指導者

img_1742

鈴木亮司です。
先日受けた東大名誉教授小林寛道先生の研修の認定証が届きました。

 

img_1742

5年以上も前から受けたいと願っていたものがようやく叶い、予想通り?予想以上に濃密な内容でした。
体の使い方としての部分がかなり明確になりました。
やはり同側動作がとても大事だということが理解でき、それを習得していくことが本当の練習なのだと思いました。

いくら筋力をつけようが柔軟性をつけようとも、この動きが出来ていなければ本質には到達することが出来ないと思います。
体感してみてさらに確信が持てました。

img_1742

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_9477

イチロー選手の「常識を疑う」

Processed with MOLDIV

違いを認めることで新たな視点が身につく。

IMG_9615

体芯力®︎inつくば!

Processed with MOLDIV

筋肉を意識しない。関節を意識する。