腰を回すには内腿の筋肉?

926E6502-1478-4B1D-A2FA-66FFD45E312E

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

「腰を回して」

という言葉はスイング系の動作が多いゴルフやテニス、野球のバットスイングや投球動作、ボクシングのパンチの腰を回す動きなどスポーツのあらゆる場面で出てきます。

この腰の回転の動作を強化しようと思うのはスポーツをする人はもちろん指導者は選手にする様に指導しますね。

一般的なウェイトトレーニングだとほとんど腰の回転動作はありません。

腹筋運動も上半身を捻ることがほとんどで腰を回すような動作はあまり目にしませんね。

926E6502-1478-4B1D-A2FA-66FFD45E312E

捻る腹筋でもこんな感じのがほとんどですね

この動作自体を強化したくても、トレーニングには無い…

しかしスポーツで求められることは多い….

このような矛盾が長年解消されていないのが現実です。

ではまずの骨盤の回転にはどうのような筋肉が該当するのでしょうか?

小林寛道先生 著書の「ランニングパフォーマンスを高めるスポーツ動作の創造」

image

の中で出て来るのが

【内転筋群(内腿の筋肉)は骨盤の回転運動にも寄与(役立っている)している】

73370D80-BCF3-48B7-B152-8F3412936FE9

このような骨盤の回転に内転筋は関連しています。

1649EE4F-8615-4C3A-ADA7-85F8AA34D7C9

腰が素早く回るということは歩く、走る、スイング系の動きなどの動きが素早くなります。

これを無視してスポーツは出来ませんよね。

 

ちなみに研究によると内転筋の大きい選手ほど100m走の記録が良く、相関関係はハムストリングス(腿裏の筋肉)と100m走の関係より高いと出ています。
走っている時にダイナミックな動きをする脚を対して骨盤を安定させ、上半身のバランスを保つことにも関係していると考えられています。

この内転筋は走るだけでなく、スポーツのあらゆる場面、日常生活においても活躍する場面が非常に多いことがわかります。

これを活性化させて使えるようにするためには何が良いのか?

と、なりますね。

僕は【腰割り】がおススメです。

F10C0339-26F5-407B-A251-B5B81A3D4606

簡単かつ効果的ということで誰でも気軽に取り組める種目です。

バランスを多岐にわたり要求されるアスリートであればしつこいくらいたくさんやった方が良いと思います。

太ももの前や外側が疲れてしまわないように、膝をしっかり開いて行いましょう。

初心者の方は沈んで立ち上がりをゆっくり10回程度行うことから始めてみると良いと思います。

926E6502-1478-4B1D-A2FA-66FFD45E312E

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

D7FCE3F3-5D6D-413C-B194-3D306C29B164

他人と比べて落ち込んでしまう人

Processed with MOLDIV

トレーニング備忘録。

926E6502-1478-4B1D-A2FA-66FFD45E312E

腰を回すには内腿の筋肉?

27BF7AC3-5F81-4CCB-B127-C80E7CF7E9E2

青山学院箱根駅伝4連覇達成!