筋力があると身体を上手く使えない?

Processed with MOLDIV

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

関東のダムの貯水量を調べたら先日の雨でだいぶ水が増えているのを確認できました(^^)

本題ですが東大名誉教授小林寛道先生の著書【運動神経の科学〜誰でも足は速くなる】に大きなヒントとなる文章を見つけました。

Processed with MOLDIV
小林寛道先生は40年以上に渡って合気道の稽古をされてきた方です。
その合気道の稽古の中で気づかれたことが書かれていました。
*****************

体の芯、すなわち体幹深部筋に力を蓄え、体の表層部にある筋群をリラックスさせて技をかけるといった本質的な内容が身に付くようになったのは、腕力の衰えを感じるようになった五十代に入ってからである。

*****************
腕力が衰えてからの方が本質に気づく?
普通ならば筋力がある方がパフォーマンスが高くなる、ということとは真逆のことでは無いでしょうか?
なまじ体力がある人の方が体をうまく使えなかったりするケースは多々見受けられます。
筋力がある上で身体操作能力が高いのが理想です。トップアスリートはそれが実現できています。

なまじ筋力をつけてしまうと腕力に頼ってしまい、動作が力任せになり、正しい動作が身につけられなかったりします。
余計な力が入ってるとこのような動作はできませんね。
しかし、筋力があるがゆえにある程度動作が出来てしまうので間違っていても気づきにくいのが事実です。
しかしそれだとある程度までしかパフォーマンスが伸びず、故障の原因になってしまうことがあります。

「筋力は正しい動作の上に強化されるべきである」

という文章も小林寛道先生の著書に出てきます。全くその通りだと思います。

筋力がある、ということを良くするも悪くするも自分の身体の操作能力次第ということですね。

Processed with MOLDIV

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

868DBC24-D9DA-4B04-9B97-8A6E2079E7B0

緊急告知!マスターズコラボレーションセミナー!

1E4AB9A8-AF7A-4CE6-915B-90147A3BB0F9

運動神経が悪い人の気持ちがわかる。

354C8886-F1CD-4DD9-893D-DFE1D59432F1

指導者のプライドと信念

No Post Thumbnail

体芯力®︎ウォーキングテクニック