肩甲骨や骨盤を使うためにやること。

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

「良いお年をお迎えください」という挨拶を何度もしました。一年が終わることを実感しています。

本日は年内最後の表参道心愛治療院佐藤 明子院長の出張体芯力®︎。

2B3C00A2-E890-4D82-AC5B-8EF235BDADE1

↑表参道のMAX Maraの近くにありました。

 

心愛治療院HP↓

http://sinnai.net/sp/index.html

さて本日はセラピストのための身体の使い方をお伝えしました。
手首や肘を痛める、肩が凝る、腰を痛める…

そんなセラピストが多くいらっしゃるようです。

「センスがない」

と片付けてしまうのではなく、肩甲骨を適切に使えていない。

その肩甲骨を使うための筋肉の回路が繋がっていない。

腰を入れる。
しかし腰を入れるための筋肉の回路が繋がっていない。

例としては腕がまともにあがらないような肩が硬い人がクロールの練習をしてもなかなか上手くなりませんよね。

セラピストの方のポイントとなる場所は前鋸筋、股関節伸展と屈曲、臍下丹田と言ったところでしょうか。

これはセラピストに限らず、ダンスや球技、格闘技の人も同じことですね。

これらのポイントはわかるけど、どうやったらこの部位を使えるようになるのか?

それを「体芯力®︎」体操で身体作りをするということです。

「体芯力®︎」体操で身体を緩め、身体の細部まで神経を行き届かせることができれば、身体の細かいところまで無意識にコントロールできるようになるので、自分がやろうとしていることが容易に実行できます。

大概は出来ないと「反復練習だ」となりますよね。

全くの間違いではありませんが、先ほどの例の肩が固くて腕が挙がらない人がクロールをしてもなかなか上手くならないのと同じで、前鋸筋、股関節伸展と屈曲、臍下丹田と言われても簡単にその部位をコントロール出来るものではありません。

やれ、と言われたその動きを可能にする身体作り。それらを可能にすることが体芯力®︎の1つの大きな目標です。

 

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

717736EC-1332-4C26-B87E-A597F6A70959

アクアラインを渡って世界的有名なドクターとお会いしてきました。

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

100メートル世界記録の走り方と武術の共通点があった?

Processed with MOLDIV

体芯力®︎グループレッスンのお知らせ。

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

体芯力®︎書籍第3弾!