猫背が20分で真っ直ぐになりました!

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

昨年行われた体芯力®︎指導者養成&基礎解剖学の1日講座に参加された方から体験談を頂きました。

以下原文まま

先日実家に帰った時に母親が猫背になっていました。
以前からちょっと気にはなっていたのですが、更に猫背になっていたため、体芯力体操をお正月の間にやっていました。

母の猫背は骨盤は真っすぐで後傾による後ろに重心が倒れる猫背ではなく、足からみぞおちまで地面に垂直で、その上の上半身は前方に猫背になっています。

大腰筋と大腿直筋が固くなってるために猫背になっているのかとおもい、大腰筋と大腿四頭筋の起始あたりをテニスボールでうつ伏せでグリグリやっていると20分程度でずっと猫背だった上背がきれいにまっすぐになっていました。

本人に聞くと、いままで猫背だとおもって頑張って胸を張っていましたが、すぐに疲れて元の体勢に戻ってしまったので、猫背が力を入れなくても治ってしまったことが嬉しいとのこと。

今後は体芯力体操で大腰筋のストレッチを主にやってもらい、猫背予防をしてもらうことになりました。

ありがとうございます。

筋肉の起始と停止、骨格の異常をきちんと解剖的に捉える訓練をさせていただいた結果だと思います。
今年も頑張って勉強したいと思います。

******************

猫背の原因というと

筋力の不足?

筋肉が硬くなっているから?

など様々な要因を考えると思います。

この時に基礎となるのが【解剖学】です。

解剖学の基礎を学んだことによって

「この姿勢だからこの筋肉が原因かもしれない。
このストレッチやこの筋肉をリリースすれば良いのかもしれない」

という事を予測することが出来ます。

それが的確なものであれば、長年の悩みであった姿勢がたった20分、簡単なことで改善できる場合もあります。

基礎の知識というものは様々なところで応用ができます。

○○理論や○○トレーニングなど派手なものではなく、地味ですが基本に忠実な知識を積み重ねることの大切さを改めて感じる出来事ですね。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

チバトレ×体芯力®︎ダブルセミナーは残念ながら中止です。しかしスペシャル企画考えました。

チバトレの千葉啓史さんと熱い語り合いは時間がいくらあっても足りない

お尻を使うことが世界的基準?

有酸素運動ってどういう意味? そして最適な運動レベルは?