歩くことが楽になるトレーニングとは?

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

「このトレーニングは○○筋が鍛えられてどうのこうの〜」

という考え方がトレーニングの一般的なのかもしれませんが、

それは日常生活動作に繋がっていますか?

足の筋肉を強化して本当に歩くのが楽になりましたか?

体芯力®︎は日常生活動作が楽になることが、運動の際に本当に役立つ身体になっている、と判断しています。
(そもそも歩くは物理的に立派な運動) 

トレーニングの多くは重心移動がありません。

一般的なマシンでの筋トレは座って体幹を動かさないで手足を動かすものがほとんどですね。

「歩く」という行為は重心の移動がほぼ水平方向に行われます。

階段や坂道を登る場合は、斜め上方向に重心が運ばれます。

重心を移動させる技術を身につけることが大切だと思います。

そうなると重心移動のないようなトレーニングで筋力だけ鍛えても、重心移動の必要な動作が楽になるということは考えにくいわけです。

そして重心移動の技術に加えて無駄な力を抜くということも必要です。

マシンでの筋トレで重心移動が無く、力を目一杯入れている動作を繰り返し続けても真逆のことをしていることになります。

かつての自分はマシンでの筋トレは1番重たい重量を挙げて筋肉自慢をしてました。

重心移動が無い

手足だけを力んで動かしてついた筋力

いまなら少しわかりるようになりましたが、これではスムーズな動作ができるようになるわけでないですね。

体芯力®︎は体重移動の技術とそれに必要な身体操作を理論から学びます。

先日体芯力®︎指導者講座を受けていただいたMIZUNOアクアリーダー(アクアインストラクター)、エアロビクスインストラクターの緒方 美保さんが感想を教えてくださいました^ ^

*****************
 
体芯力®︎で教えてもらった歩き方を意識して歩いてみました!
いつもなら後半足の裏やふくらはぎが疲れてくるのに今日は全く疲れない!

それどころかスピードはいつもより速い!

そして着地や体重移動がスムーズだからか、いつもだと足指の間が擦れて痛くなるの所も全く無し😲

脚が全体的に楽です😊あと雨の日の後ろへの泥はねが少なくなったこと、プールサイドで歩くのも…変に後ろに蹴っていたのがなくなって、きちんと軸足に乗れているからかなと思ってます❗

日常の動作が楽になるというのは本当にありがたいです‼️

*******************

必要以上に足を使わず、体の芯から出る力を有効に活用して足に負担をかけずに歩くことが大切です。

長く歩くと腰や膝、ふくらはぎが痛くなったり、雨の日の泥がお尻に跳ねたりしている場合、あまり良い歩き方ではない可能性が高いですね。

運動が上手くできるか、できないか、ということも良いですが、まずは動作の根本である歩き方や日常生活動作そのものが楽になることが大切ではないかと思います。

重心の位置を知り、重心の移動の方向を理解し、足圧のかかる流れを知り身体で理解する。

これらの理解が必須です。

とても地道なことですが、身体は毎日の地道な積み重ねで作られます。

毎日を漫然と過ごすのか

知識を得て意識を持って毎日を過ごすのか

月日を重ねるごとに差が出てくるものです。


この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

体芯力®︎は私にとって救世主です!

教わることで進歩が止まる人

上手くなったら下手になる?

3日間であなたの世界観が変わる!