核心をついた言葉

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

以前の写真を整理していたらこんな写真が出てきました。
テレビに映ったのをとっさに撮ったものだと思われます。

 

【天才と凡人の違いは常に上を目指し続ける意思があるかどうか】

F8B8AC48-9752-45FC-B009-5552BED5844F

言葉の通りですね。

才能とか素質とかを言い訳にすることなく自分の限界に挑む姿勢があるかどうか。

どんなに才能に恵まれていても上を目指し続ける意志がなければその才能が開花することはありません。

天才か凡人かどうかはさておき、常に上を目指し続ける姿勢は失いたくありませんね。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

グランプリファイナル初出場初優勝の女子フィギュアスケート選手紀平選手、筋肉の状態を意識する。

ユーチューブ対談!

柔芯体メソッド、チバトレ、体芯力®︎

ハムストリングスはなぜ大切なのか?②