摂りたい脂肪、避けたい脂肪

栄養指導

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。今回は「脂肪」について話します。

脂肪と聞くと「避けるべき栄養素」とおもっていませんか?
避けたい脂肪は確かにあります。

しかし脂肪にも摂りたい脂肪があるのです。

このことを言わずに「油は避けてください」という人の話はあまりあてにならないと思います。

ではまず避けたい脂肪です。

「トランス脂肪酸」
一定量摂取するとLDLコレステロールを増加させ心臓病の危険性を高めると言われています。
他にも脂質異常症、癌、脳関連の疾患の原因にもなると言われている悪い脂肪です。

トランス脂肪酸は人工的に作られたもので自然界には存在しません。

他国では規制されていますが、日本では特に規制はなく、あちこちの加工食品に含まれています。
マーガリン、ショートニング、揚げ物アップルパイ、ドーナッツなどに多く含まれています。

加工食品には基本的にトランス脂肪酸が含まれているとみて良いと思います。
原材料名のところに「植物油脂」と記載されていたらトランス脂肪酸だと思ってください。
日本はトランス脂肪酸の表示がない先進国においては非常に珍しい国なんです。
規制がないので加工食品のものの大概のものにはトランス脂肪酸は含まれていると思って良いと思います。

 

次に摂りたい脂肪です。

それはω-3(オメガスリー)です。
メディアで注目されてきている必須不飽和脂肪酸のグループです。
3つのω-3はαリノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)です。
ALAは亜麻仁油(低音圧搾で酸化を防ぐための黒瓶、1日大さじ1杯を非加熱で摂取)やミックスナッツ、DHAとEPAは青魚から摂取することをオススメします。

アボカドにも多く含まれています。
最近見るようになったインカインチは加熱処理してもオメガ3は壊れないようですね。

栄養指導
朝にナッツ10粒、お昼は魚定食、夜に亜麻仁油大さじ一杯という形で毎食にオメガ3を摂るようにすると良いと思います。

 

オメガ3には次のような改善効果が確認されているそうです。

メタボリックシンドローム
動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞
糖尿病
アレルギー性鼻炎
視力低下
認知症
うつ病

また抗炎症作用もありますので怪我の治りも早くなると言われています。

単に「油を避けてください」という話は気をつけた方が良いということですね。

栄養指導

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

868DBC24-D9DA-4B04-9B97-8A6E2079E7B0

緊急告知!マスターズコラボレーションセミナー!

1E4AB9A8-AF7A-4CE6-915B-90147A3BB0F9

運動神経が悪い人の気持ちがわかる。

354C8886-F1CD-4DD9-893D-DFE1D59432F1

指導者のプライドと信念

No Post Thumbnail

体芯力®︎ウォーキングテクニック