巡るように効く

IMG_6294

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

 

「巡るように効いてくる。」
月刊秘伝を読んでいたら達人のこのような言葉がありました。

世の中の多くは「この部分に効く。」ということが言われています。

しかし部分でしか効かないトレーニングは部分でしか活動できない身体を作ってしまいます。ストレッチもこの部分、この部分とやっていると全身をやるのに果てしない時間がかかってしまいます。

全身の筋肉の数は300とも400とも600とも言われています。
歩くという行為には全身の筋肉が使われていて、歩行のときの推進力として使われる筋肉は、全身の筋肉の3分の2に当たります。
実に約200〜400種類の筋肉が前に進むたびに使われていることになります。
トレーニングもストレッチも巡るように効かせられることが大事な事だと思います。

このように一部分だけでなく全体に力が分散されることを張力統合体「テンセグリティ」とも言うそうです。
張力統合体というモデルです。
IMG_6294
これはバックミンスターフラーという建築家の人が考えたそうです。
東京ドームなどのドーム建設の構造の礎を築いた人です。

このモデルは組織のどこかに負荷がかかると他の部位全てがその負荷を全体に散るような完璧な相互互助システムになっています。

身体も同じ系統の作りをしています。
木の棒が骨でゴムが筋肉や腱、靭帯です。動物は動くときは基本的に全身を使います。

人の身体は科学や分析などで細分化されていますが相互互助に関してはまだまだわかっていません。

しかしイメージをすることで体には全く違った効果が出て来ます。

イメージを変えてトレーニングするだけでも効果は違うと思います。

IMG_6294

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

img_7051-1.jpg

自由な人生を手に入れる教科書

img_7032.jpg

運動神経の改善は可能か?

img_6977.jpg

バイキンマンの言葉

img_7029-1.jpg

軸の捉えと地面反力