北海道マラソンにて歩く

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

昨日の北海道マラソンの藤松選手の応援のため最初は❶のスタートラインに行きました。

その後❷の10キロ地点に先回り移動。

そして❸の38キロ地点に先回り移動。

そしてフィニッシュラインのところに戻りました。

854D9A01-7A7B-4279-9135-5BCC8D10453A

3C574B14-ED8E-4B09-8130-D6C933FA498E

1日で26,000歩以上歩きました。
距離にすると21.65キロ。

ハーフマラソン分歩いたようです。

タクシーで移動も有りかと思いましたが

「藤松選手が走ってるんだから、楽したらいかん」

という気持ちから歩き続けました。

お尻、脇腹が少し筋肉痛になり、足裏に疲労があります。
腿やふくらはぎはほとんど疲れていません。

そこそこ上手く歩けたのだと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

グランプリファイナル初出場初優勝の女子フィギュアスケート選手紀平選手、筋肉の状態を意識する。

ユーチューブ対談!

柔芯体メソッド、チバトレ、体芯力®︎

ハムストリングスはなぜ大切なのか?②