内転筋(内もも)は重心を引き上げる

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

内転筋(内腿 )について興味深い内容を連日知ることが出来ました。

86150BFD-4F40-492D-B405-56B7EB0FAE64

写真:結果の出せる整形外科理学療法より

 

内転筋(内腿)の走行は身体重心に向かう。

内転筋の働きが悪くなると重心が下がる、とも言えそうです。

股関節が上手に動いている時は内転筋を使えている感覚があります。

内転筋は持久系の筋肉なのでゆっくりと動かすと良い、小林寛道先生からアドバイスをいただいております。

E33B666F-C286-4591-A494-A1350CF24AEF

 

 

ゆっくりと腰割り(四股踏み)を時間をかけて行うと良いと思います。

3818F7F2-13CD-4779-9E85-2C88E54322D7

 

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

ハムストリングスはなぜ大切なのか?②

関節や筋肉の機能を知ると動作が説明しやすくなる

ananに次いで安心

身体能力を高めるために必要なこと。