人生に効く!アドラー心理学

IMG_8806

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

暑い日が続いてちょっと夏バテ気味で毎日夜9時に寝てしまいます^^;

さて最近アドラー心理学が流行りというか世の中に知られていますね。僕も流行りに乗るように勉強し始めました。

先日「人生に効くアドラー心理学」という講座を受けてきました。講座を担当していただいた伊藤かよこ先生。講義の前に伊藤先生ご本人から声をかけていただけました。嬉しかったです(^^)

IMG_8806

 

実際講座を受けて伊藤先生の積み重ねた知識と経験が物凄い量なのだなぁと感じました。

伊藤かよこ先生は「人生を変える幸せの腰痛学校」という本を出版されています。

IMG_8805

http://www.itokayoko.com/

この本はアドラー心理学を用いて人生観を変え、腰痛を治す、という内容を小説でわかりやすく構成されています。

この本から世界最先端の腰痛治療法、日本の治療法が世界から遅れているのか知ることができます。
そしてこの本から腰痛を治す考え方は人生観にも通じていることを知ることができます。
腰痛の方は当然、自分に自信のない方、生きた方を悩んでいる方、必見です。

http://www.itokayoko.com/

伊藤かよこ先生の説明は日常生活における例を用いて話してくれたのでとても理解しやすかったです。

この日、1番自分の心に残ったこと。

「今ここがすでに幸せ」と思うと幸せであることの根拠を探す。

「今ここが不幸だ」と思えば不幸であることの根拠を探す。

その通りです。

「出来ない」と思えば出来ない理由を探します。

「出来る」と思えば出来る方法を探します。

シンプルです。

 

「なんだ。当たり前のことじゃないか」

と思う人が多いと思います。

でも身についている人がほとんどいないのが現実ですよね。

僕も昔「もともと運動神経が悪い」「生まれつき体が弱い」という思い込みで様々なことの挑戦をやらずに諦めてきました。

今にして思えば運動神経が悪いなんていう自分の勝手な思い込みを大真面目に信じて出来ない自分を擁護してきたわけです。

そして挑戦をするとき、自分が周りの人からああだ、こうだと思われることを怖がって踏み出せないでいました。

周りがどうこう思うことなんてその人たちの”課題”であって僕には関係のないことです。

それに気づけた日でした。

伊藤先生有り難うございました。

IMG_8806

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_9477

イチロー選手の「常識を疑う」

Processed with MOLDIV

違いを認めることで新たな視点が身につく。

IMG_9615

体芯力®︎inつくば!

Processed with MOLDIV

筋肉を意識しない。関節を意識する。