プロボクシング日本ランカーの漢荒谷と公園練習

EDC5ECF8-9610-4A96-B69A-9640827CB2B9

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司ぇす。

今日は仕事の合間に日本ランキングプロボクサー漢荒谷龍人選手とあおぞら漢塾(公園練習)。
短距離ダッシュ(インターバル走)をやり込んでいて脈拍の測定をして数値は良くなっているのに、長距離になるとすぐに疲れてしまう。

さて、こうなると幾つかの原因が浮かびます。

普通に考えれば

短距離の持久力と長距離の持久力のエネルギー機構が異なるため、2つの異なるトレーニングをすべき、というのがセオリーだと思います。

しかし荒谷選手はボクシングの練習で持久力は十分にあるはずなので長距離ですぐに疲れてしまう原因は動作にあるのではないかと思います。

そこで僕は骨盤の角度に原因があるのでは?と思いました。

長距離と短距離の走り方を見せてもらいました。

僕なりの見方ではありますが、答えはすぐにわかりました。

見る人が見ればすぐにわかると思いますが1枚目と2枚目の写真のフォームが全然違いますね。

EDC5ECF8-9610-4A96-B69A-9640827CB2B9 CEB68683-A985-4401-A4AD-FE111AD1F5D5

本人も「足がバネになった気がする!」と感想を言っていました。

上半身と下半身を繋ぐ筋肉の大腰筋が稼働し始めたので地面からの力を上半身に伝えることが出来ていると思います。

B6ACCBEA-4831-438F-86F4-821ED131B2D0

 

本人の意識は少しの違いかもしれませんが、結果は全く異なる結果になります。

この辺りのちょっとのことを見逃さない目が大切だと思います。

EDC5ECF8-9610-4A96-B69A-9640827CB2B9

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座