プロが教える足が速くなるために鍛えるべき筋肉

image

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

「足を速くするにはハムストリングス(腿裏)を鍛えるのが効果的!」

ということを耳にすることがありますが実際はどうなのでしょうか?

そもそも「ハムストリングスを鍛えたら走るのが速くなる」というのは誰が言い出したのでしょうか?

それらのことはこちらの文献を参考にしました。

image

「ランニングパフォーマンスを高めるスポーツ動作の創造」小林寛道著

 

話は1984年まで遡ります。
当時、陸上競技連盟にいた東大名誉教授小林寛道先生は

「陸上競技の競技力と直結するような体力の要素とは何か?」

ということを研究していました。

その時の実験で膝を伸ばす力は強いが、膝を曲げる力が弱い選手が多く、この筋肉を鍛える必要性をコーチ達に話したそうです。
ある大学が取り入れたところ、その大学から2人の選手が100メートル走で日本記録を出し、2人ともオリンピック代表に選ばれ、しばらく短距離王国を築くことになったのです。

それからハムストリングスの強化というものが各スポーツで取り入れられ、数年を経て一般的にも知られるようになりました。

その後、ハムストリングスよりも内転筋(内腿の筋肉)の横断面積の方が100メートル走の記録との相関関係が強いことがわかりました。

しかし、大腰筋と短距離走の選手の記録の方がさらに相関関係が高いことが確かめられました。

陸上競技の競技力向上を目的としたトレーニングや筋肉は時代の中でこのように変化していったことがわかっています。

【1960〜1990年】
腿前を鍛えるためスクワット

 

【1990〜2000年】
腿裏を鍛えるトレーニング(レッグカール)
内転筋(内腿)を鍛えるトレーニング

 

【2000年以降】
大腰筋(をはじめとする体幹のインナーマッスル)を鍛えるトレーニング

上記のように時代とともに鍛える筋肉は変化していったのです。

「○○筋を鍛えると足が速くなる!」というようなことを言う人がいたら、このような年表を見ればどの時代のことかがある程度把握することができます。

歴史を知ると自分が何処から知識を得たのかが知ることができます。

研究は日進月歩ですね。

image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

リゾスポ

出張体芯力in千葉リゾート&スポーツ専門学校

29C94F17-9566-4035-852F-4FFD7D890B92

セミナーと片足立ち

No Post Thumbnail

呼吸で重心が変わる

No Post Thumbnail

体芯力®︎トレーニング椅子編