オリンピック出場が現実に見えてきました!

697660F5-EB02-4C03-AFC6-CE2B5B63498E

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

 

マラソンで東京オリンピック出場を目指す藤松 利之選手からレース結果の報告がありました。

スピードを強化するためにフルマラソンよりも距離の短いハーフマラソンに出場していたそうです。
その結果で体芯力®︎の成果が発揮されたようです。

_______________________________________________

最近のレース報告です。

●4/30(日)横浜駅伝8.2km(鶴見川河川敷コース)

河川敷で行われ風も強く、折り返しが2回ある厳しいコースです。また、炎天下の下行われました。

風に苦しみ、一時フォームが乱れたのが反省点ですが、例年の区間賞のタイムで走れました。

客観的に走りを見てくれたメンバーからは力みがなくなってると言われました。楽に大きな動きができているようです。

●5/13(日)仙台ハーフマラソン

66’51(35位)

この大会は全国から実業団選手が集まってくる大きな大会です。

697660F5-EB02-4C03-AFC6-CE2B5B63498E

GWには駅伝のほか、トラックレースなどスピード練習を中心に行いました。距離走をやっていない中でどこまで走れるかを試しました。

序盤から積極的に走り、実業団選手、大学生と最後まで対等に戦えました。タイムはマラソンで自己ベストを出した2013年度シーズンと同じくらいです。

ようやくスタートラインに立てたので、ここから自己ベストを大幅更新できるような練習をやっていきたいと思います!

体芯力体操で可動域の広がりと左右差の改善ができたことと、力を抜くことができた結果だと思います。

これからも精進していきます!

___________________________________________

僕が直接伝えた回数は5〜6回だと思うのですが、ここまで自分の競技に落とし込めるのは、流石ですね。

E5612313-5AF0-4D14-B8A5-0302A2288048

ただ、現時点では能力の3分の1も使っていないと思います。

勝負はこれから。

どこまで伸びるかこちらも楽しみです!

 

697660F5-EB02-4C03-AFC6-CE2B5B63498E

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

717736EC-1332-4C26-B87E-A597F6A70959

アクアラインを渡って世界的有名なドクターとお会いしてきました。

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

100メートル世界記録の走り方と武術の共通点があった?

Processed with MOLDIV

体芯力®︎グループレッスンのお知らせ。

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

体芯力®︎書籍第3弾!