エネルギーフロー

img_3836

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

東大名誉教授小林寛道先生の著書の中から体の使い方について具体的に書かれた文章を抜粋します。
*****************

いろいろな体の動きをするとき、まず、からだの中心部の動きを意識します。
からだの中心部のわずかな動きを大きく拡大するように、体から遠い部分の動きに伝えるようにします。
すると、からだの中心部から遠い手首や指先はリラックスされて、しかもすばやい動きをすることができます。

足の場合も同様で、ふとももに力を入れるのではなく、腰周辺やお尻の深い部分にある筋肉を働かせることで、下腿や足先をすばやく動かすことが出来ます。

四肢に不要な力みが入ると、動きを硬くぎこちないものにしてしまいます。初心者はこうした傾向が強くでてしまいます。
運動が上手な人ほどリラックスされたすばやい動きが出来るのは体の中心部を 上手に使う方法を身につけているからです。
*****************
わかりやすく説明が書かれています。
身体の中心から末端へ力が流れていくことを

「エネルギーフロウ」

身体の真ん中から力が出て末端までスムーズに流れる動きになると見た目も美しいと感じますね。

img_3836img_3835
どこにどうやって力を加えるか、ということを理解して運動することで上達が早くなります。

力の入れどころなどを理解していないでやっていると上達が遅れるばかりか怪我につながることもあります。

 

「体の芯から力を出す」
このことを小林寛道先生の書籍の中で何回も出てくることから僕のトレーニングの名前は体芯力®︎になりました。
この当たり前で難しいことを習得することがトレーニングの基礎であると思います。

img_3836

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

97E54101-4A22-4117-97B3-F3DD20F73091

速く走るために体重移動がポイント

D9F86379-F1A6-4399-828D-396B12275F0E

体芯力®︎が10月24日号ananに登場!

931D68D1-DCF6-4372-8F7A-68B4F323E461

肩甲骨を動かすと体幹が働く!

image

身体で感じる解剖学セミナー!