あまり働いて欲しくない筋肉もある?

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

筋肉にはじゃんじゃん働いた方が良い!と思う方も多いと思いますが働きすぎてしまうと困ってしまう筋肉もあるんです。

それは

【大腿筋膜張筋】

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

という筋肉です。

一般の方にはあまり聞きなれない筋肉ですよね。

この筋肉の働きは

08E1BA67-B1C5-4370-891C-E5129AABC476

股関節の屈曲

股関節の内旋

股関節が外旋するのを防ぐ

え?

防ぐ?

股関節の外旋は腰割りの動きです。

3818F7F2-13CD-4779-9E85-2C88E54322D7
この動きによって内腿の筋肉やお尻の筋肉が使われます。

しかし大腿筋膜張筋が働くことによって歩いているときに足が真っ直ぐ出せます。
椅子に座っているときに膝が真っ直ぐ前を向いていられるのです。

しかし働きすぎると外旋出来なくなるので腰割りが出来なくなったり開脚がしにくくなります。

だから

働くべきときに働き、休むべきときに休んで欲しい筋肉です。

車でいうとエンジンブレーキみたいな筋肉と例えれば的確でしょうか。

エンジンブレーキと大腿筋膜張筋は働いて欲しいけど働きすぎると前に進めなくなる、というところが共通している気がします。

写真の辺りをテニスボールなどで解し、適度な筋肉の柔らかさにしてあげましょう。

このように解剖学を少し知っておくとすぐに出来る動きと頑張っても出来ない動きとその理由が理解できます。

身体で感じる解剖学セミナーに興味のある方はこちらです💁‍♀️
https://24auto.biz/ryoji1003/touroku/entryform8.htm

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座