世界的には新型コロナウィルスの患者はピークアウトした

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

以下の記事を見つけました。

これが本当ならば安心はできませんが、少し先が見えてきた、と言えそうです。

今回の件で感じましたが、報道によって植え付けられた恐怖が過剰な形で出ている気がします。

もちろん気をつけることは必要ですが、行き過ぎた自粛は違う形で問題を引き起こす。

お客様でウィルス専門に研究されていた方の話では

「ウィルスは自ら菌を増やすことができないから人の体に寄生して自らの菌を増やし、次の身体にうつることで広がっていく。

だから感染した人自体に生きてもらっていないと、感染拡大ができない。

極端に言えば感染率が高いものほど毒性は低い。

今年は国民全体が意識的に手洗いをしているせいかインフルエンザの感染者が少ない。要するに普段みんなが手洗いを真面目にしてないんだよね。
感染予防は手洗いが基本だから。
問題は、どれくらいの意識レベルで菌をきっちりと処理できるかだね。」

清潔に保つ、という凡事徹底ということのようです。

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

パーソナルトレーニング体験受付中!!

ステイホームだけど充実した日々

ステイホーム緊急応援企画!!

チバトレ×体芯力®︎ダブルセミナーは残念ながら中止です。しかしスペシャル企画考えました。