2日連続茨城出張体芯力®︎

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

去る2月25日と26日は茨城県土浦市にて公開グループレッスンと指導者養成講座を開催しました。

公開レッスンは、「体芯力®︎」体操で身体のバランスが良くなることを体感しながら進めました。

FF1BB8E9-B70E-46CB-81EA-8865BD587E69

 

最初は他人から押されてグラグラして体がレッスンの最後にはビクともしない身体になりましたね。

1時間少々、体操をして心地よくなったら身体の芯でバランスを取れてしまうなんとも言えないことわ皆さんに体験して頂けたようです。

ご参加いただき、ありがとうございました😊

その後は指導者養成講座。

・立つ

・片足立ち

・歩く

ここを中心に学びます。

「なぜ片足立ちが出来ないのか?
出来ない理由と出来る理由を解剖学と物理を介して小学校低学年の子供がわかるように説明できるか?」

「歩くのが遅くなった、という人に対してなぜ遅くなったのかを関節や筋肉がどの様に動いているからという理由を科学の根拠をもってして説明出来るか?」

94F3BAB6-C6DA-42DC-999D-2239EBD774CF5F029347-ADC9-40B9-83DA-E69C2BCE8F6B BF8454B2-BCC4-4335-B4F6-CBDF9820F523 4768E445-D858-42AF-BA8C-736BF5105B4B

これらをディスカッションのような形で参加者で考えながら、科学的データや物理的な根拠と擦り合わせをしていきながら理解を深めました。

様々な動作を説明する時

「なんとなくこんな感じで〜」

のような言い方でも全員が出来て意識が伝われば良いのですが、現実には難しく出来ない人のほうが多いのです。

出来ない人を出来るようにしてあげる仕事が指導者の仕事ではないでしょうか?

そしてその説明が、感覚的ではなくて現実に目で見てわかる形で、誰にでも理解できる平易な言葉に落とし込めるかが大切なのだと思います。

片足で立てない人は歩けないですし、走れませんよね。

片足立ちから重心移動が生まれるわけですから、重心がどこからどこへ移動するのか?
それを明確に指示できずにスポーツ技術の習得は難しいと思います。

学ぶことはとっても地味です。

でもここはきちんと抑えてほしいと思っています。

この土台をおろそかにして、目先の派手な運動や難しそうな理論に走って欲しくない。

僕が指導者に望むことです。

皆さん、僕の話すことに真剣に真摯に耳を傾けてくれました。

本当にありがとうございました。

 

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

exciteニュースで書籍紹介していただきました!

3789198B-27E0-4228-9CF6-5B5CE3D77BA6

体芯力®︎が着くと水泳が速くなる?

9AEAF5EC-6DD3-4A3C-871B-2DA253CEC2D9

体のたるみを引きしめる!「体芯力」体操の紹介をしていただきした。

26656DC7-E466-4CB4-9616-E2AA8594D0A0

体芯力®︎グループレッスンのお知らせです。