頑張らない筋トレで筋力アップ!

IMG_8125

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

足の筋力をつけようとすると「膝を伸ばす筋トレ」をイメージしますよね?

 

実はあまり効果がないことをご存知ですか?

 

僕もかつてそのように理解して筋トレをたくさんやっていました。

スクワットでは200キロ近い重りを持ち上げ、ジャンピングスクワット100回×3セットとか….

太ももは63センチくらいまで太くなり、下半身を鍛えるマシンはマシンの最高重量まで持ち上げられるくらい筋力がついたはずが…

実際はスポーツでの出力も感じることが出来ず、膝の痛みは改善されませんでした…

 

では、これらを僕はどのように改善したのか?

 

それが「頑張らない筋トレ体芯力®︎」だったのです。

 

無駄な力を抜き、体の芯から力を出せるようになることで、全身がバネのようになり、身体を連動させられるようになり、小さな力で大きな力を出せるようになりました。

 

このような現象の1つの参考データとして小林寛道先生著書若返りウォーキングより抜粋なのですが静岡県で実施された大腰筋のトレーニングの効果の検証結果があります。

平成17年に40~80歳の男女141名を対象に週に2回3ヶ月の大腰筋トレーニングを実施したところトレーニングの前後で大腰筋の断面積が10.1%増大していました。
{IMG_8125

 

そして膝を伸ばすトレーニングをしていないにも関わらず数字がわずか3ヶ月という期間で36~37%向上していました。

IMG_8126
{これは以前にも同じようなことを書きましたが(^^;;
大腰筋が強くなると脚力も上がります。

 

膝の筋力をつけるには膝のトレーニングと思うでしょうが、足はどこから生えているのかを考えれば理解できると思います。

22616230_m

鳩尾(みぞおち)の辺りから大腰筋が始まり、股関節に着いているのがわかりますね。

足の骨は股関節で終わっていますが、筋肉自体は鳩尾まで続いています。

足が力を出す時は大腰筋が力を出して足が力を発揮します。

大腰筋はインナーマッスルで不随意筋なので効いた、使った感覚はありません。

だから頑張って動かすこと自体が意味がないのです。

頑張って動かした筋肉は外側の筋肉です。

これが頑張らない筋トレ、いや、頑張ってはいけない筋トレ体芯力®︎の理由です。

もともとの大腰筋自体が弱ければ足の筋力を鍛えてもさほど効果がないということですね。
このような検証結果と理屈があれば膝の筋力をつけようとしたら膝の筋トレをすることよりももっと効果的なものが見えてきます。

努力は正しい方向を向くべきだと改めて思います。

IMG_8125

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_8913

みんなが知らない股関節の本当の話

IMG_8879

100歳まで歩ける!「体芯力」体操

Processed with MOLDIV

みんなが知らない身体を上手に行う秘訣

IMG_8855

膝の手術後に「体芯力®︎」体操を行なった結果