運動能力が高い≠再現性が高い?

BF3128BE-3D06-46A0-A53C-75F159D9C6F1

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

BF3128BE-3D06-46A0-A53C-75F159D9C6F1

運動神経が良い、いわゆる運動の才能がある人は、自分の能力を獲得する方法を体感していない場合がほとんど。
いわゆる「再現性に欠ける」と言えます。

運動能力が高い人にとって運動能力の低い人の気持ちというのはなかなか理解できないし、出来ない理由というものを考えたことがないことが多いと思います。

このような運動能力の高い人が、出来ないことにぶつかると出来なかった経験が乏しいため打開策が見つけられないことが多いと感じています。

運動能力が高ければ高いほど出来なかった経験が少ないため、自らで考えることが出来ないように思います。

初めから山のてっぺんにいる人は裾野の風景を知らないし、登り方もわからない。
登って来る途中の変わっていく風景も知らない。

僕は幸いなことに運動能力は最低レベルに近い、いわゆる裾野にいた人間。

まだ中腹にも達していないけど登っていく方法と変わっていく風景を体感している。

だから登り方も変わっていく風景も知っている。

現状の能力に行き詰まるほど自分の能力は高くない。

運動能力の高い人が知らない上達の工程を知っていることは指導者として非常に貴重な財産となっているのだと改めて感じます。

幼少期は鈍臭い自分を恨んだりしましたが、今となっては貴重な経験だと思えます。

BF3128BE-3D06-46A0-A53C-75F159D9C6F1

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

Processed with MOLDIV

動作が出来ない理由を筋力以外に重心の移動の理屈をもって説明できますか?

310D8AD5-A950-48C5-95A6-F8187D8A3EE5

走ってないのにマラソンタイム自己ベスト更新?

Processed with MOLDIV

体芯力®︎グループレッスン昼と夜

A56FDA79-CE1A-4FBB-898B-57E854B12D62

絶対効果の出るトレーニング方法とは?