速く走るための体幹を使ったランニングフォーム

img_1194

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

ランニングをしている方から
「走ると脚が疲れるから脚の筋トレをしなくては」
と言うことを耳にすることが多いですね。
実際、脚のトレーニングでこの問題は解決されるのでしょうか?
おそらくは難しいと思います。

「走って脚が疲れるのは脚を使いすぎているから」
という一つの答えがあります。
背骨や骨盤を使って脚の使う割合を減らしてあげればよいのでは?
そのために体幹トレーニング

ランニングフォームが脚を使いすぎてしまうフォームだと問題の改善は難しいでしょう。

脚を疲れさせないためには

足の着く位置
どのタイミングで後ろ足から前足に体重が移動するのか?

というのが最も大事になってきます。

体幹トレーニングで体幹を鍛えてもランニングフォームが改善されなければ問題は改善されないでしょう。
そのフォームを作るためには柔軟な骨盤の使い方を引き出す骨盤の捻りのトレーニング。
img_1194

左右の脚に体重移動が可能にできる股関節の柔軟性トレーニング。
img_5101

四股踏みは代表的なトレーニングですね。
ただこの四股踏みも実はきちんとしたフォームがあるのです。
(ほとんどの方は残念ながらできていません。)

こういったランニングにおいて動くべきところが動いてフォームができてくると自然に脚を使い過ぎないランニングフォームが形成されてきます。
何キロ走ったとかインターバルトレーニングなどで効果を感じられない方はランニングフォームをもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

img_1194

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_9477

イチロー選手の「常識を疑う」

Processed with MOLDIV

違いを認めることで新たな視点が身につく。

IMG_9615

体芯力®︎inつくば!

Processed with MOLDIV

筋肉を意識しない。関節を意識する。