足と腰を繋ぐ

img_4626

外国人一流選手と比較して、日本人選手は動きが堅いと言われる。

従来、日本のスプリンターでは、体幹をしっかり固定し、四肢を力強く動かすという考え方が主流となっていた。

したがって、腰をどう使うか、骨盤の動きをどのように脚の運びとマッチングさせるかについて、驚くほど無頓着であったと言える。

しかし、大きな脚部を素早く動かすためには、どうしても体幹部、とりわけ腰部(骨盤と腰椎)をいかに有効に利用した動きを作り出すかが工夫されなければならない。

*****************

小林寛道著書
「ランニングパフォーマンスを高めるスポーツ動作の創造」

img_4626

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

いま体幹部を固定することが世の中のブームになっていますね。
体幹を固定することがぎこちない動きを誘発してしまうということを書いています。

小林寛道先生の本が出版されたのは2001年です。
スポーツの超一流選手が身体がブレないのを

「体幹がしっかりしている。
体幹を固定するトレーニングをすればいいんだ」

という発想で取り組んでいる人達が多いですね。

超一流選手の体幹がそういう人達には動いていないように見えるようですが、背骨や骨盤が前後左右、捻りなどのの動きをしっかり出しています。

スポーツの達人、上達する人は見るポイントが上達しない人達とは決定的に違うので、見る目を養うのはとても大事だということですね。

足が足だけでなく骨盤と連動して動かすことを練習することがとても大切です。

腕に関しては肩甲骨が腕と連動することも大切です。

体幹が体幹だけでなく手足と連動させる練習がスポーツに置いて必須なトレーニングだと言えます。

それらを繋げることが「体芯力」体操の狙いでもあります。

◆腕と肩甲骨

◆足と腰

これを繋げて背骨が自在に使えればかなりの動きができるはずです。

逆に指導者は何回やったとか、頑張ったとかの評価よりもこの部分の動きは人間の動きとしての基礎ですから見逃さないようにしておきたいです。

 

 

img_4626

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

img_3840

背骨の動きが一流の動きを作る!③

IMG_7552

背骨の動きが一流の動きを作る!②

Processed with MOLDIV

女性セブンさんから取材受けてきました。

img_3840

背骨の動きが一流の動きを作る!①