武井壮さんの理論「反復練習はするな!」

IMG_8847

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

武井壮さんがYouTubeで語っていた理論がスポーツの本質をついていると思いました。

IMG_8847

反覆練習はするな!

という極論にも聞こえるかもしれませんが内容を聞けば納得です。

武井壮さんが仰っている

「スポーツの前に自分の体を思った通りに動かせるようにすること」

 

これぞまさにスポーツの本質であると思います。

反覆練習のみで上手くなってしまうと体が上手く操作できない人は違う動きになると全く対応できないので、またたくさん反覆練習をする。

でもこれだといざ試合になってイレギュラーの動きに対応できずに負けてしまう。
生真面目に反覆練習をする選手に多いと思います。

自分の思った通りに身体を使えるようにすることで様々な動きに対応ができ、技術の獲得が短期間で可能になります。

これができると「センスが良い」「才能がある」と言われます。

この「センスが良い」「才能がある」という部分を伸ばすことも大切な練習の1つであると思います。

「体芯力®︎」体操もそうなんですが、身体を思った通りに動かせるようになるためのものです。

ストレッチとかインナーマッスルのトレーニングとか誤解されていることがありますが、根本は

「身体を思った通りに動かせるようになるためのエクササイズ」

と考えていただければ良いかと思います。

IMG_8847

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_9477

イチロー選手の「常識を疑う」

Processed with MOLDIV

違いを認めることで新たな視点が身につく。

IMG_9615

体芯力®︎inつくば!

Processed with MOLDIV

筋肉を意識しない。関節を意識する。