成長するためにすべきこと

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

今より成長したいと思った時に人は様々な行動をします。

その時に、考えることは「何かをする」と思いますが、その代わりとして「何が辞める決断」が必要だと感じています。

ビジネスの勉強をしたとき

「何をやるか決めるよりも

何をやらないかを決めることの方が重要」

と学びました。

「身体動作」も同様で

「動作」と聞くと「動くこと」  

ばかりに気持ちが向きますが

「止める」ことも「動作」です。

動かす部位と止める部位を操作しなくてはなりません。

行動も動きも共通することが沢山ありますね。

今年も残りわずかです。

近年もっと成長したいという気持ちが日に日に強くなってきました。

動かすべきものと止めるべきものを見極め

成長していきたいと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

プランクで体幹は 鍛えられているのか?

体幹を固定したら体は安定するのか?

身体操作の基本とは?

学び方や成長の仕方は人それぞれで良いと思う。