考えろ、考えるな。感じろ。でも感性に任せるな。

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

理屈や理論を頭で考えるのは自分には向いていないことが最近改めて理解できた気がします。

自分の目標とする体感覚をイメージして、そこに近づけるという感触を得られる鍛錬法を探していくと間違いない気がしました。
自分の場合は理屈や細かいところは体感した後に、勉強すると良いと思いました。

感覚を求めるということはある意味最終目標に近いものであると感じました。

この最終目標に向かっているかどうかは身体の感覚を通す方が間違いにくいと思います。
今までの人生でずっとそのやり方でやってきたのですが、近頃理屈を考え過ぎて疲れている自分に気がつきました。

考えるな、感じろ。

考えろ、でも考え過ぎるな。

思考と感覚は人によって良いバランスというものがあると思いますので、自分なりの比率を見つけるのが大切かなあと思います。

理屈だけど理屈だけじゃない。

知っただけで出来た気にならないこと。

そんなことを思って先日、鍛錬していたら関節がハマった感じがした後、無駄な力が抜けて身体が柔らかくなり、ハマった部位の動きの反応が明らかに速くなった。
理屈はわからないけど、関節の適合性が上がったから筋肉の無駄な力が抜けたらしい。
関節の適合性を高めずにストレッチで筋肉だけ柔らかくすると、軸のないタコみたいな身体になって怪我をするということなのかな?と身体で感じました。

 

Processed with MOLDIV

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座