夏のある日の出来事。

IMG_7881

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

ある夏の日の出来事。

 

その日相鉄線に乗っていたら三ツ境駅で停まって動かなくなった。

同じ車両に乗っているオジサンが怒って何か叫んでいた。駅員さんが来てオジサンと何か話している。
オジサンが何か文句をつけて揉め事になっていたらしい。
駅員さんが

「降りて下さい」

と言っても

「俺は降りねーぞ!!」

の繰り返しで電車が発車できない。
他の乗客が

「オメー降りろ!発車できねーじゃねーか!」

と声がする。
それにオジサンが怒鳴り返す。
収集がつかず…

いつまでたっても発車する様子はない。
僕は仕事があるので発車してもらわないと遅刻してしまう。

僕はそのオジサンに直接話に行くことを決めた。

1番前の車両の壁際にいた僕は車両の反対側に座っているおじさんの元へ歩いていきました。

その姿を見た周りの乗客は

「あ、アイツ行くのか?」

という熱い視線と期待感を感じました。

そしておじさんの前に立ち塞がり僕は言いました。

「降りてもらえますか?
僕、この後に仕事があるので電車動かないと困るんです。」

と声をかけた。
すると

「ふざけんな!
なんで俺が降りるんだよ!」

 

と譲らない。

怒っている理由は駅のアナウンスがうるさいと言うことらしい。
それで僕に向かって

 

「駅のアナウンスがなんで英語の放送すんだよ!
あれがうるせーんだよ!」

 

と言うので

「そのアナウンスがあると外人さん助かるんですよ」

 

と言うとそれに関しては何も言い返さなかった。

無理矢理連れ出すと暴力行為になってしまうのでできないらしい。

困っていると他の何人もの乗客が

「てめーが降りろ!馬鹿野郎!」

とあちこちから声がする。
するとオジサンが立ち上がって

「てめーら、ふざけんな!」

とそちらに走り出そうとした。
僕の目の前を通過しようとしたので、一旦捕まえた。
が、それでも制止を振り切ろうとしたので立った状態のハーフネルソン

IMG_7881

 
こんな感じ↑

に極めて動きを封じてそのまま歩かせて駅員さんに預けました。
おじさんを車外に出し、無事に発車しようとしたとき再びおじさんが電車に乗り込もうとしようとしたので扉の前に僕は立ち塞がりました。

 

するとおじさんは電車に乗るのを諦めました。

無事に目的の駅に到着。

 

数分遅れた程度で済みました。

とりあえず誰も怪我人が出なくて良かったです。
暑いでイライラするのはわかりますけど運動でもして発散しましょう、と思った出来事でした。

IMG_7881

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

Processed with MOLDIV

体芯力®︎メルマガ配信スタートしました。

IMG_9298

間も無くメルマガ配信開始します!

Processed with MOLDIV

体芯力®︎のミッション

Processed with MOLDIV

体芯力®︎の夢