呼吸に影響する筋肉

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

自らの体感です。

昨日のパンチの練習していたら広背筋、菱形筋、僧帽筋中部、三角筋後部などなどが筋肉痛。

広背筋が硬くなると下位肋骨が動きが制限されて呼吸がしにくくなる感覚。
(広背筋以外にも色々硬くなってる筋肉はありますが)

運動をしていない人でもデスクワークなどでも硬くなる広背筋。

この筋肉を動かすことはとても大事だと再認識しました。

この筋肉を柔らかくする僕が勧める体操はこちら。
伸ばす側ではなく縮める側の脇腹を意識しましょう。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

ここの床、特殊な床に張り替えてあるでしょ!?

外腹斜筋を伸ばすと…?

12月の体芯力®︎ワークショップ

井上トキ子先生とシンテックスと体芯力の関係