力を抜くことは学問にならない。

IMG_6090

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

IMG_6090

「力を入れる」

「力を抜く」

これには様々な意見がありますが

力んだ時点で全ての体のシステムは崩壊する

無駄な力が抜けた動きは数値化できない。

解剖学はとても大事。

しかし解剖学だけでは動きの本質を語ることはできない。

そこに脱力は存在しないから。

力を抜く。それは学問化できないこと。

よって科学によって分析はできないこと。

だから必要なのは感性。

これは勉強しても考えてもわからないこと。
だから実践するしかない。

実践の中で感じるしかない。

どれくらいが力を抜けた適正かどうかは実践することでしか得られない。

実践でしか得られないことだからこそ価値のあること。

IMG_6090

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

Processed with MOLDIV

体芯力®︎メルマガ配信スタートしました。

IMG_9298

間も無くメルマガ配信開始します!

Processed with MOLDIV

体芯力®︎のミッション

Processed with MOLDIV

体芯力®︎の夢