体芯力®︎が生まれたきっかけ①

Processed with MOLDIV

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

体芯力®︎が生まれたきっかけは、格闘技でした。
勝ったり負けたり、怪我をしたりしていくうちに様々なトレーニングを行い、模索しながら少しずつ今の形になっていきました。

2001年辺り?にプロデビューした時に、大きなきっかけがありました。

アマチュアで試合を経験しているとはいえプロのデビュー戦は緊張するはずなのでスタミナの消耗が早いと予想していました。

そこでスタミナの不安を無くすために

◆800メートルダッシュ5本

◆サーキットトレー二ング

◆インターバルトレーニング

など様々な持久力をつけるトレーニングを試合までに行いました。

そして試合半年前から取り組んだのがバランストレーニング。
バランスがよければ軸がブレなくなるのでパフォーマンスが上がると思ったのです。
バランスボールを使って曲芸みたいなことをできるようになっていたのでバランスが良くなった確信がありました。

トレーニングを経てスタミナとバランスに自信をつけて試合に臨みました。

実際はというと…

蹴りを撃った時にグラグラ身体がブレる感覚がありました。
身体に力が入らないし、うまく伝わっていない感覚があったのでさらに力を入れてパンチやキックを撃っていました。

あっという間にスタミナは底をつき2ラウンド1分くらいで失速…
実質4分少々でスタミナ切れをしたのです。

試合はフラフラになりながらかろうじて勝ったものの

Processed with MOLDIV

「あんなにトレーニングしたのに、こんなパフォーマンスでは今後勝てない…」

と感じました。
そして

「トレーニングのやり方を変えないとダメだ」

と思い、その後は新しいトレーニング方法を模索し始めました。

続きます。

 

Processed with MOLDIV

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

IMG_8310

ストレッチのコツは意識をしないこと?

IMG_8293

ヒップアップ&美脚トレーニング?

IMG_8292

マラソンの後半で失速する理由。

IMG_8291

体芯力®︎の時の意識の持ち方