体芯力ワークショップ@タヒチアンダンススクール’ORIMANAさん

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

先日タヒチアンダンススクール’ORIMANAさんの生徒さん22名の方を対象に体芯力®︎ワークショップを担当させていただきました。

事前に頂いた皆様からの要望に応えるかたちで行いました。

以下の6つが頂いた要望でした。

1 上半身の力の抜き方
(特に腕を上げた際に肩と背中に力が入ってしまう)

2 腰椎1番の上向が出来ない

3 エネルギーフローのやり方

4 体側を柔らかくする方法

5 反り腰の改善

6 下っ腹を内側から膨らまして凹ますというお腹のウエーブを作る動きでの胴体の力の抜き方

2時間という中でどれだけ応えられるかわかりませんでしたが、出来る限り専門用語を使わずに身体で感じてもらうことを意識しながら進めました。

話は脱線しながら、そしてイレギュラーな質問も入りながら、熱中していたら予定時間を1時間近くオーバーしていました😅

僕はダンス経験もセンスもありませんが
今回の頂いた要望には、だいたい応えられたような気がします😅

「無駄な力を抜いて、スムーズに動く」

という方向性としては体芯力とダンスは同じだと思います。

ダンスだけではなくあらゆるスポーツに言えることですね。

動作としての表現は異なりますが、目指すべき方向は同じであれば、身体の話をした時に同じ言葉が出てくるはずです。

体芯力®︎は「様々な動きが出来る体を作る」というコンセプトです。
身体の素材作りと言った感じです。

今年は色々なスポーツの方と交流してみたいですね。興味のある方はメッセージください^_^



この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

僕は運動も勉強も出来ませんでした。

楽しき学び

トレーニングの合理性と最大筋力の比較

No Post Thumbnail

漢荒谷あおぞら漢塾!ショルダーパッキングと呼吸法