人と比べて落ち込む人は

IMG_9042
  • 「劣等感」
  • これは誰にでもあるのです。

我々の教育は「人より優れていなくてはならない」という意識をどこかで植えつけられたように思います。

この「人より優れていなければならない」という意識が劣等感を生み出してしまいます。

人並みである時点で劣等感を持たされてしまいます。

「優れている」

「劣っている」

  • いずれにしても人と比較して得た感情です。
  • なぜ教育に人と比べることが推奨されているのか?と感じたことがあります。

トマトとメロンを比較することできません。

IMG_9042

 

  • それぞれに役目が違い、比べる対象ではありません。人と人とも同じことのように思います。
  • トマトはメロンになれないし、メロンはトマトになれない。
  • 人は比べる生き物。
  • そして他人の芝は青く見える。

人は自分のことをきちんと見えていると思い込んでいます。

しかし様々な思い込みから来る視点は客観視することはほぼ不可能と言われています。

自分の自分に対する見え方は大概は間違っていると思った方が良いものです。

客観視出来ている、という思い込みもなかなか強固で、自分で自分は見えているという思い込みも強いものです。

視点が1つに凝り固まると

「自分に自信がないんです」

と自信満々に言う人もいますが。

様々な価値観を持っていた方があらゆる場面での対応がしやすくなると思います。

 

 

 

IMG_9042

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

Processed with MOLDIV

体芯力®︎メルマガ配信スタートしました。

IMG_9298

間も無くメルマガ配信開始します!

Processed with MOLDIV

体芯力®︎のミッション

Processed with MOLDIV

体芯力®︎の夢