ランニングのタイムが3日で4分縮んだ!

C3390E29-754E-4BAF-A48C-4F3FCC17D429

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。
本日はプロボクサー荒谷龍人選手と定例のあおぞら漢塾。

先週、ランニングの時のフォームを2点だけ修正したところ、持久走のタイムが

39分→35分

4分短縮されて自己ベストが出たそうです。

その日は前日の足の筋トレで足が筋肉痛で、湿度が高くコンディションは最悪だったそうです。

にも関わらず、ベストコンディションで挑んだ前回よりもタイムが4分短縮してしまったそうです。

この2点の修正の内容ですが

・着地した足の膝の角度

・地面についていない足の膝の角度

C3390E29-754E-4BAF-A48C-4F3FCC17D429435465E4-7C1B-4E5D-A846-654B67E501AA

 

この2点を修正しました。
それだけでタイムが短縮されました。

ただこの2点はランニングにおいて非常に重要なことで、ここでタイムが決まってしまうといっても過言ではありません。

努力というものが正しい方向ではないといけないと改めて感じる出来事です。

速く走れるフォームと速く走れないフォームには必ず理由があります。

ランニングに関してはまぐれでタイムが出るものではないのでコンディションなり、ランニングフォームなり、必ず理由があるものです。

身体の関節の動かす方向や可動域を適切に理解して動作を練習すればどんなスポーツでも上達の速度も速くなるはずです。
反復練習で上達が行き詰まったと感じた時は、自分の体を見直すチャンスだと思います。

 

C3390E29-754E-4BAF-A48C-4F3FCC17D429

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座