トレーニングの合理性と最大筋力の比較

Tanren塾塾長体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。 

先日の出張レッスンのお客様にお渡ししたメモ。

筋力は関節によって出力が異なるのは誰が考えても分かりますよね。

その中でランキングトップ3は

1位股関節の伸展
2位膝関節の伸展
3位足関節の底屈

これはしゃがんだところから立ち上がる動き。

股関節外旋と組み合わせると四股踏みに近い動きになりますね。

このようにするとトレーニングに優先順位があることが見えてきますね。
どの様に合理的にメニューを構成するか考える必要があると思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

【 ワークショップ「体幹」の動きを覚える〜背骨編〜

チューブを使ったトレーニングは有効?

ストレッチにも種類があります。

トレーニングの目的は何ですか?