トレーニングの効果を出すために1番大切なこと。

  • Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司でてす。
  • あっという間に12月も中旬ですね。
  • 今年も残すところあとわずか、という言葉も実感が湧いて来ましたね。
  • Processed with MOLDIV
  • さてスポーツをする際に技術以外に行うトレーニングというものは欠かせませんよね。
  • そのトレーニングを行う目的は「スポーツがやりやすい身体にする」

  • ということだと思います。
  • これが本当のトレーニングであると思います。
    そうでないと技術を身に付けることができません。
  • それを出来る身体に出来ないトレーニングではトレーニングの為のトレーニングです。
  • スポーツのためのトレーニングなのだからスポーツがやりやすい体にするのが本来の目的です。
  • 現在のトレーニングがどの場面でどのように役立つのか?
  • それを説明出来なければトレーニングとしての効果は期待できません。
  • そのトレーニングがどのようなことに効果があるのか?ということを意識しないと効果が上がりません。

    トレーニングの7原則の1つ、意識性の原則です。

  • 「多分、この場面で役に立っているはず」というような曖昧な意識でトレーニングをすることは好ましくありません。
  • スポーツの技術を習得する時にどの場面で使うかをわからないまま練習する人、いませんよね?

  • トレーニングも同様に明確な意識を持って取り組むべきだと思っています。
  • 指導者は「なんでこのトレーニングをするんですか?」と聞かれたら「○○の動きをするためにこの筋肉が必要だから、このトレーニングをする必要がある」と答えられる必要があります。
  • 以前に聞いた話ですがヨーロッパのサッカーでは選手が
  • 「なんで自分がこのポジションなのか?
  • そしてその理由はなんなのか?」
  • と聞いてくるそうです。
    そして答えなければその選手は言うことを聞かないそうです。
    しかもそれを聞いてくるのが10歳のくらいの子供なんだそうです。
  • 日本では指導者に練習を行う理由を聞いてはいけないような空気がまだまだありますよね。
  • 理由を聞いた上でやるかやらないかを選手が自分で決める。
  • 日本もまだまだ指導者が選手よりも立場が上で指導者が選手に「やらせている」選手が指導者に「やらされているれというような状況が少なくありません。

全く無駄というわけではありませんが、自ら決めたことではないことをやらされていると最後までやり通すことは難しいです。

自主性の失われた強制によって行われている練習では身につくはずもありません。

やらされている練習を続けていると「自ら考えることが 」が出来なくなります。

練習としては量をこなすことができても考える能力は失われ、試合で起きるイレギュラーなケースに対応出来なくなってしまいます。

日本人が言われてる「マニュアル通りやらせたら上手いがイレギュラーに弱い」ということに繋がっていると思います。

  • 自ら考える癖をつける。
  • これはとても大切なことだと思います。

 

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

No Post Thumbnail

市民ランナー藤松選手とトレーニング

955C0DE4-3B5E-43F1-B0FB-1D2A05C2AF65

速く歩けると速く走れる!

8D0B878A-A13B-40B5-BEDB-9BD3506871FB

あまり働いて欲しくない筋肉もある?

9A04DD82-A081-4253-BD68-F16CDCF9628A

指導者養成講座個別講座