セミナーと片足立ち

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。
先日杉並区のシルバー人材センターで3回目の体芯力セミナーを担当させていただきました。

29C94F17-9566-4035-852F-4FFD7D890B92
配布している資料は同じなのですが毎回参加者の方が違うのでかなり異なる内容になりますね。
今日は片足立ちのバランスのお話になりました。
これは筋力やバランス感覚というものだけではなく、重心が支持基底面の上に来ない限りは成立しませんからバランスというものは決して才能だけではないのです。
身体の重心をコントロールするには腰を、腰をコントロールするには腰椎、腰椎をコントロールするには仙腸関節、股関節との連動が出来ないといけません。
要するに骨盤周りが柔らかく動かせないと無理だということです。
骨盤周りは非常に大きな筋肉や靭帯があるので感覚が鈍いのです。
ここは使えていても使えていなくても自覚がほとんどありません。
スポーツ選手の不調は骨盤周りの動きが悪くなっていることが1つの大きな要因です。
古の日本人は腰を入れる、腰に力を入れる、丹田に力を入れるなどという言葉を残していますが、これは理にかなったものであると今にして思います。
体芯力®︎はこの古の日本人の感覚を呼び起こすことが大きな目的の1つです。
自分の身体と向き合う、ということはとても面白く、何事にも代え難いものだと思います。
その楽しさというものを知ってもらいたいといつも思います。

no-image

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

97E54101-4A22-4117-97B3-F3DD20F73091

速く走るために体重移動がポイント

D9F86379-F1A6-4399-828D-396B12275F0E

体芯力®︎が10月24日号ananに登場!

931D68D1-DCF6-4372-8F7A-68B4F323E461

肩甲骨を動かすと体幹が働く!

image

身体で感じる解剖学セミナー!