「体芯力」体操は普通の運動です。

Tanren塾塾長 体芯力®︎マスタートレーナー鈴木亮司です。

「体芯力®︎」体操について
「この体操は自分で考えたの?」

ということを聞かれることがよくあります。

しかしこの背骨の「前後」「左右」「捻る」という3つの動きは実はとても基本的なことで、僕ら運動指導者が最初に勉強することでもあります。
(正確には屈曲、伸展、側屈、回旋です)

トレーナーの教科書ともいうべき

「動きの解剖学2」(1997年発売)

IMG_8274

この中の最初の章に「体幹」が出てきます。

そして体幹の動きをこのように解説しています。

屈曲

4195F083-A40D-4F2C-8826-B2713DCCC1CD

伸展

852FD7B3-30A3-479F-8791-D67CF5BA59F4

 

側屈

DE6B0939-9906-4028-883B-9282EB6C72EC

 

回旋

14C0A8C5-0A16-400F-AEB7-C7178BCEDE32

 

四つん這いの動きも出ています。

屈曲

5D4A4F6C-482C-4964-AC12-13E430B10583

 

 

伸展

69C25FC4-5F44-40F3-A78A-60D058A15606

 

側屈

22856051-4E43-40EF-8C38-AC774565A342

この動きは本の中で8ページに出てきます。
それだけ基本であるということがわかりますね。

体芯力®︎の体操は解剖学に則って非常に基本的なことをしているということです。
逆に言えば当たり前すぎることをしています。

これらの基本を知りながらも負荷をかける方向へ向かってしまっている人が多いような気がします。

またこの本の中に以下のような文章がでてきます。

脊柱の柔軟性は重要で、特に子供の場合には重要となる。
柔軟性を失いたくないのは当たり前のことである。しかし、理解すべきことは、多くの腰痛を訴える成人の腰部は硬直して、確かに動きも少ない部位でもある。

多くのエクササイズが可動域を増やす目的で行われても、脊柱に負荷が加わらないように注意すべきである。

クラスで行うエクササイズは、脊柱の柔軟性を重視して、脊柱への負荷を最小限に抑える動きを選び、必要な動きが達成されるように集中して行う。

 

背骨の動きにむやみやたらに負荷をかけるのは危険だということですね。

筋肉を太くするなら負荷をかけなければならないでしょうが動きの根本である背骨に関しては基本的に負荷はかけてはいけないというとこがここからもわかりますね。

世の中に出ている○○体操や○○トレーニングいうものをやる前に基本を知るべきであると言えますね。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

ハムストリングスはなぜ大切なのか?②

関節や筋肉の機能を知ると動作が説明しやすくなる

ananに次いで安心

身体能力を高めるために必要なこと。