「体力」と「技術」の違い

img_4626

Tanren塾塾長 鈴木亮司です。

 

東大名誉教授小林寛道先生の著書【運動神経の科学〜誰でも足は速くなる〜】にあった体力とスポーツの上手い下手に関しての内容がありました。

img_4626
*****************
筋力トレーニングで筋肉が肥大すると、パワーはついてもかえって動作の範囲が狭くなり、動きが窮屈になってしまうことがある。

あるいは力の入れ具合が、そのスポーツの実際の動作に必要なものではなく、筋力トレーニングの時の動作に似かよってしまうなど、無駄な筋肉を余計に動かさなければならないということも生じる。

身体の動きのバランスが不安定な分を、筋力でなんとかカバーしようとする考え方も出てくる。

筋力やパワーを高めることは必要だが「技術を高めること」と「技術に見合った体力を高めていくこと」のバランスをとることも大切である。
*****************
筋力が強いからスポーツが上手いわけではない、ということですね。スポーツ技術に対して適切な体でないと技術の習得は難しいということですね 。

1つの例えで小林寛道先生が仰っていましたが、

「身体を素早く動かすことは技術。
それを続けて行えるのが体力」

トレーニングで力を抜いて動かすことを積み重ねていくと、省エネの体になっていくので同じ動きでも少ない体力で行うことができるようになってきます。
体芯力®︎は身体の動きの根本である背骨、肩甲骨、骨盤を力を抜いて連動して動かせるように鍛錬します。

3つの軸

体芯力®︎の基礎、というより人の身体を動かす基礎ですね。

チータも力を抜いて連動させて動いてますね。
img_7406 img_8633   img_1162
その結果、能力が短期間のうちに飛躍的に伸びます。神経系の問題なので筋力がつくよりも短期間での変化が可能です。

【力を抜いて力を出す】

という矛盾を解消するために練習をするのか、筋力をつけて力を強くするというやり方をしてしまうかという意識の持ち方次第で結果は大きく異なってくると思います。

img_4626

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事を書いた人

鈴木 亮司
鈴木 亮司
頑張らないトレーニング『体芯力®』で心と身体を緩め楽に動ける身体を創るパーソナルトレーナーでありプロトレーナーを養成するTanren塾塾長。 ティップネス町田を中心に、自宅や公共施設での指導、セミナー講師、トレーナー研修業務などを行っています。 顧客には、ラグビー日本代表候補、フットサル女子日本代表、アメリカプロバスケット選手、タッチラグビー日本代表選手、日本ランキングプロボクサー、アメリカ野球独立リーグ選手などのアスリートから、80代の高齢者まで幅広く、15年でのべ約3万人をサポートしています。
Profile
Facebook

最新の記事

F079CAD1-8EF8-4023-88E6-E0E15D14D3FC

まさかのたいしんりょく被り

97E54101-4A22-4117-97B3-F3DD20F73091

速く走るために体重移動がポイント

D9F86379-F1A6-4399-828D-396B12275F0E

体芯力®︎が10月24日号ananに登場!

931D68D1-DCF6-4372-8F7A-68B4F323E461

肩甲骨を動かすと体幹が働く!